上と下の親知らず一本ずつ抜くことになった